まつだ りえストーリー

最終更新日:2022年2月27日

●ある小学生に起きた奇跡の物語

それは、約10年前に千葉県のある公立小学校に、イラスト授業の講師として訪れた時のこと。「感情表現をイラストで描く方法」という、90分間の「イラスト授業」でした。 丸や棒線を使って顔のパーツを描き分けることで「嬉しい」「悲しい」「怒る」「驚く」など、いろいろな感情表現を簡単なイラストで描けるスキルを学びながら、子どもたちはもう、大変な盛り上がりでした。

それぞれの個性が溢れる素敵な作品が出来上がっていき、授業の最後に、私が、「何か質問ありますか?」と聞くと、いちばん後ろに座っていたある男子生徒が、思いきり手を挙げて、スクっと立ちあがり、こう言いました。

『先生、僕にこんな才能があることを気がつかせてくれて、ありがとうございました!』この言葉を聞いて、「しっかりとした発言ができる生徒さんがいるなぁ!」と素直に感心していたのですが、ふと、その男子生徒の斜め後ろを見ると、授業を見学に来ていた校長先生と学年主任の先生が、涙ぐんでいらっしゃる姿がありました。

●男の子の衝撃の過去

授業の後の校長室でその涙の理由を尋ねてみると、校長先生が、何かを思い出すようにしながら伏し目がちにこう仰ったのです。

「実は、あの子はね。2年前にお母さんが急に亡くなって以来、宿題はやってこない、テストは白紙で提出する、授業中はじっと座っていられず、フラフラしてしまう。我々大人がどんなに言っても、誰の言うことも聞かない、そういう子になってしまったのです。それが、今日は90分、じっと座って、一度も席を立つことが無く、楽しそうに授業(講座)に取り組んでいる。あの子のあんな姿は、久しぶりに見ました。 さらに、最後、自分から手を挙げて、あのような言葉を言うなんて・・・。」言葉に詰まっておられる校長先生のお話を伺いながら、私たちは、彼が描いた作品を探して見てみました。

「!!??」

その絵を見た瞬間、私は堪えきれずに、涙が溢れてしまいました…。

そこには、彼が今までうまく言葉に出来なかった心の奥底の深い悲しみや、やり場のない怒りなどが、イラストやセリフ、そして、鮮烈な色彩となって、現れ出ていたのです。それはもう、凄まじいとも言える、彼の想いの吐露でした。

おそらく、彼の中で、突然お母さんを亡くしてから、これまでうまく言葉にすることができなかった悲しみや怒りなどの強烈な感情が、絵を描くことでひとつずつ解放されながら、自分自身の「想い」を表現できたのでしょう。

どうして、自分ばっかり、大好きなお母さんを失わねばならなかったのか。

どうして、自分ばっかり、こんな寂しい想いをしなければならないのか。

大好きなお母さんに、甘えることも許されないのか。

大好きなお母さんに、もう「ただいま!」を言うことも、できないのか。

大好きなお母さんに、おやつを用意してもらうこともできないのか。

お母さんを亡くしてから、彼のなかに渦巻いていた、やり場のない悲しみ、どうしようもない怒り、そして、言い様のない寂しさ…。その痛ましい気持ちを思うと、彼のイラストを見ながら、私自身も、涙が溢れて止まりませんでした…。

先程の体育館の授業での、あの言葉。

『先生、僕にこんな才能があることを気がつかせてくれて、ありがとうございました!』

彼は、あの時、自分からそう言ったのです。 校長先生の涙の意味が、改めて、私の胸に突き刺さってきました。

彼自身がこれまで、内側に押し込めていた、言葉に出すことができなかったやりきれない感情のエネルギーが、イラストを描くことを通じて、解放することが出来たこと。 それによって、彼自身が、自分の中の深い悲しみ、怒り、寂しさ、そして、これからの未来に向かう希望と才能を、自分のなかに、明確に見出すことができたこと。

私は、この時、イラストを描く技術そのものが、人の心そのものを解放し、その人の本来の才能や可能性を引き出す力があることに、深く気付かされたのです。

『イラストを描くことで、自分の心の奥底の想いを見える化して、自分のトラウマや過去を解放し、その人の真の可能性や未来を描き出すことができる』

その時の強烈な体験から、私自身の情熱が芽生え、イラストを描く技術を使い、感情を解放し1人ひとりのなかに宿る、素晴らしい可能性や才能を引き出すプログラムを作って伝えていきたい!という、現在の仕事の原点になりました。

●人の情熱を掘り起こし、情熱を表現しながら生きる人たちを増やしていく

私自身も、かつては自分自身の感情と向き合うことができないくらい、辛くて悲しい、身を切られるような経験をしたことがあります。一時は、私の人生を諦めてしまおうかと思うことすら、ありました。

でも、「その思いから抜け出し、変わりたい!」と、勉強しはじめた時に、私は、自分自身の「生きる意味」を教えてくれる出来事に出会ったのです。

イラストを描きながら自分の感情と向き合い解放すること、脳科学・心理技術・見える化で、自分の心と無意識のパターンを書き換えることを通じて、人生そのものが、大きく変わっていく経験をしました。大切なパートナーと出会い、自分の情熱を注げるライフワークに巡り合うこともできました。

私自身が経験した、女性としての痛みと、壮絶な悲しみ。そして、それを乗り越えた運命的な出会いと経験。やがて、それを伝えるなかで、あの小学校での男の子と出会いました。

人生の物語は、心と心を繋ぎながら、再び巡っていきます。

絶望することはない。

どのような出来事にも、意味がある。

どのような時にも必ず、希望を持つ。

人の情熱を掘り起こし、情熱を表現しながら生きる人たちを増やしていくこと。それが私の使命です。

コメントを残す

CAPTCHA


関連記事

▼あなたも3ステップでビジョン型目標達成の行動計画が、楽しくスラスラと描けるように!
▼頭のなかのイメージが明確になるから、ワクワクして行動できるし、描いた未来がどんどん実現する!
▼目標を書いてもなかなか実現しないという方も、楽しくイラストを描くだけで、目標達成ができる!
▼7つのノウハウを2時間で体験するセミナーを毎月開催中!